MENU

アイスもホットもイケるから、季節問わず楽しめる!

ハッピーマジックは特にアレンジをしなくても十分美味しく飲めると豪語しているくらい飲みやすい青汁ですが、毎日水で溶かして飲むのは飽きるなぁと思っている人は、他にもアレンジを加えてみるといいでしょう。

 

皆さんハッピーマジックの味に合うものは何かと独自のアレンジを加えているようで、ネットで探すとたくさんありました。ここではその中からいくつかピックアップしていきます。

 

冬に飲みたいホット

水で割ると書いてありますが、冬の寒い時期などはあまり冷たいものをお腹に入れたくないという人もいるでしょう。健康のために飲んでいるのに、お腹が弱い人はお腹を壊してしまうかもしれません。

 

そんな時は、ホットで気分も温めましょう!無理に冷たいものを飲むと、代謝が下がったり風邪をひきやすくなったり、本来青汁で効果があるはずなのに逆効果になることもあります。ある方はお湯を入れるのではなく、水で割った後レンジに入れるそうです。

 

600Wなら1分くらいがちょうど良いとのこと。味はただ温かくしただけなのに、水よりは少し濃厚になるそうです。ゆっくり一息入れたい時や、温まりたい時にお勧めのアレンジです。

 

豆乳ときなこ

他に美味しそうだなと思ったのが、豆乳ときなこのアレンジです。とく、青汁だと豆乳に入れて飲むと美味しいとは聞きますが、きなこを加えるのはあまり聞きません。作り方は、ハッピーマジックの粉末ときなこ小さじ2杯分をコップに入れ、最後に豆乳を入れてかき混ぜるだけ。

 

味は、きなこの味がはっきり出ていて、豆乳との相性もぴったりだそうです。実は、きなこは豆乳と相性がもともと良いので、この方のチョイスは正解だったようですね。あとははちみつなんかも相性が良いです。子どもにもウケが良い味かもしれません。

 

ヨーグルト

青汁アレンジで多いのはヨーグルト。飲むだけは飽きたなという人には、食べる青汁としてお勧めです。加糖でもプレーンでも良いのですが、プレーンだと抹茶味の甘みのないヨーグルトです。

 

ダイエットをしている人には良さそうですが、もっと美味しく食べたいというのなら加糖をに混ぜるか、プレーンにはちみつを加えるのも良いでしょう。ハッピーマジック自体が美味しいので、抹茶味が嫌いでない人はデザート感覚で楽しめるそうですよ。

 

これを朝食として食べる場合には、輪切りにしたバナナを乗せて食べるととてもヘルシーな食事の出来上がりです。

 

まとめ

鉄板の豆乳やヨーグルトはやはり外れなしのようでした。これなら子どもでも食べられる上に簡単なので、おやつとして出してあげるのも良いでしょう。

 

季節に合わせてアイスやホットを切り替えて楽しめるため、継続していくなら色々とアレンジを楽しんでもらえたらと思います。